ソニー銀行の住宅ローンは、インターネットで金利タイプが選べるので便利です

住宅ローンの借り換えをするなら、ソニー銀行にするととても便利です。
この銀行のローンに借り換えることの大きなメリットの一つは、来店不要で、いつでもローンの相談や申し込みができることです。
また、この銀行のサイトでは、住宅ローンのシミュレーションも行うこともできます。
借り入れ希望額、そのうちのボーナス返済の割合、借入期間、選択したい金利タイプを入力すると、月々の返済額とボーナス月の返済額、年間の返済額、総返済額を算出することができます。
ローンを組む前に、あらかじめシミュレーションで無理のない返済額を算出しておけば、どのくらい融資してもらえるかが明らかになりますので、借り換えることが有利に働くのか、それとも不利に働いてしまうのかがわかることでしょう。
さらに、この銀行のローンでは、最大1億円が借りられ、返済期間も最長35年まで選択できるのがよいと思いますね。
融資と返済期間の幅がとても広くて、誰でも利用しやすいと思います。
ソニー銀行のローンに借り換えることの二つ目のメリットは、固定金利適用期間でも金利タイプの変更ができるということです。
しかも、変更の手続きには銀行の店舗に出向く必要はなく、インターネット上から簡単に行えます。
経済状況の変動によって、預金やローンの金利はすぐに変更されてしまうので、こういった、経済状況の変動にも即座に対応できるシステムがあるのはうれしいですね。
しかし、この手続きを行うためには、銀行で定められている手数料がかかることになりますので、金利が変動したからといってあわてて金利タイプの変更は行わず、本当に金利タイプを変更して有利になるかどうか、ということをよく考えてから変更するようにしたいものです。
さらに、この銀行でローンを借り換えると、保証料が無料になったり、 団体信用生命保険料を負担してもらえるという利点もあります。
団体信用生命保険に3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)を保障する特約をつけることもできるということです。
また、ローンに関する疑問がある時に、ローンアドバイザーから電話とメールでサポートしてくれるところもこの銀行のローンを利用するメリットです。
住宅ローンで変動金利を選択している場合、部分固定金利特約によって、複数の金利タイプを組み合わせることができるのも、この銀行のローンのよいところです。
これによって、ローンの金利のタイプを変動金利か固定金利のどちらか一方に偏らせる必要がなくなり、一部固定金利の部分を残したまま、あとは変動金利にする、といったローンの組み方も可能になったそうです。